行政書士の学習期間は長期戦になる覚悟が必要

即戦力となる力がつく

先生と子供

保育の現場で役に立つ力

保育士資格を取得するためには、独学や通信教育で勉強して国家試験を受験して合格する方法と、厚生労働省認定の保育士学校(大学や短大、専門学校など)を卒業する方法とがあります。国家試験を受験し合格する方法は、何年も学校に通わず済み、費用も安くおさえられますが、受験しても確実に合格するわけではなく、取得まで何年もかかるケースがあること、実習経験が無いことがネックとなります。保育士養成学校に通った場合、卒業すれば無試験で確実に資格が取得できます。また、通常、学校では実習に力を入れていて、保育の現場を模擬体験できることが大きなメリットとして挙げられるでしょう。通常、保育園と児童養護施設に実習に行きます。実際に園児たちと接して、どんな時どんな手を差し伸べるべきか、どこまでは見守ってどんな声掛けをすべきかといったことを体験することができます。こういた経験が、保育士として働きだした時生きていきます。また、現場に役立つ技能を習得できるのも、保育士学校に通うメリットだといえます。ピアノのレッスンに力を入れているところも多いですし、手遊びやペープサートの作成、紙芝居の語りや絵本の読み聞かせのコツなど、実践的な内容が学べます。保育士学校によっては、幼稚園教諭免許が取得できることもあります。認定こども園の増加に伴って、今後は保育士資格だけでなく幼稚園教諭免許も保有している人材が求められるようになります。どちらの資格も取得できることは大きなメリットです。多くの卒業生が保育士として働いている学校であれば、保育施設とのパイプも太く、求人もたくさんある可能性が高く、就職に関しての情報が得やすいと言えます。