行政書士の学習期間は長期戦になる覚悟が必要

先生と子供

即戦力となる力がつく

保育士として現場で子どもたちの相手をするようになると、日々同じことはなく、さまざまな出来事に臨機応変に対応できる力が求められます。保育士学校で、実習や実技の授業などを通して身に着けた実践的な技能は、保育士になった時きっと大いに役立つことでしょう。

勉強する人

勉強が必要です

企業が優秀な人材かどうかを測る一つの物差しとして、個人が取得をしている資格があります。ビジネスシーンではグローバル化やIT化が進んでいますから、スクールを利用して資格の取得をする事が、ビジネスシーンで優位に立てる方法の一つとなっています。

法律の資格の学習

男性

試験で何を問われるか

行政書士になるためには行政書士法に定められた資格を有するもので、欠格事由に該当しない者が日本行政書士会連合会の名簿に登録しなくてはなりません。しかし行政書士試験に合格して連合会に名簿登録すると名乗ることができると一般的に言われます。試験合格には学習期間をある程度もうけて勉強をする必要があります。講師や予備校によってさまざまな学習期間が提示されていますが半年から1年間かけて準備するカリキュラムが多いです。試験科目は憲法、民法、行政法、会社法などの法律分野と一般知識の二つに分けられます。法律の改正や試験内容の見直しなどによって問われるものが変わる場合があるため試験の細かい出題範囲は一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページや受験案内を確認してください。受験を志すまでに試験範囲の法律を勉強してきたかによって変わってきますが、多くの人は学習期間の多くを法律の分野に割きます。特に出題数、配点ともに多くを占める民法と行政法は条文、判例ともに暗記だけでは済まされないものも出題されるため丁寧な学習が求められます。憲法と会社法はほかの二つほどは配点が低いため合格点を確実に取るためにあえて学習量を最小限にとどめる人もいます。それでも過去に問われた問題は理解できるくらいの知識は求められます。一般知識は文章理解や個人情報の管理に関する法律がいくつか問われることなどの傾向はありますが具体的な範囲が定められていません。そのため予備校の模擬試験を使い、余裕があれば大学受験の現代社会や政治・経済分野の問題を見るなどにとどめたほうがよいです。学習期間のあいだ思うように理解が進まないと嘆く人もいますが、最後まで進めるとそれまでの知識がつながりますので最後まであきらめずに目指してください。